コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観規 かんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観規 かんき

?-782? 奈良時代の僧,仏師。
日本霊異記」によれば,宝亀(ほうき)10年(779)先祖がたてた紀伊(きい)名草郡(和歌山県)能応村の弥勒(みろく)寺に釈迦丈六像と脇侍(きょうじ)像をつくり,安置した。さらに高さ3m余の十一面観音像をほり,未完のまま没したが,2日後にいきかえり,仏師武蔵村主多利丸(むさしのすぐり-たりまろ)に完成を託し,天応2年2月15日に没したという。紀伊出身。俗姓は三間名干岐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

観規

没年:延暦1.2.15(782.4.2)
生年:生年不詳
奈良時代の僧。紀伊国名草郡能応里(和歌山市)の生まれ。俗姓三間名干岐。観岐ともいう。『日本霊異記』(下巻第30)にその説話がある。彫刻に巧みで智恵のある僧であるが,農業を営み,妻子を持ち俗人としての生活を送っていた。氏寺を弥勒寺(別称能応寺)といい,丈六の釈迦像,脇侍を作りあげ,10尺の十一面観音像を作ろうとしたが,そのなかばで死んだ。だが2日後に生き返り,仏師に完成を願って2月15日の仏涅槃の日に死んだという。当時の地方の小豪族クラスにおける,造像という物的な側面に対する強烈な意識がみてとれる。<参考文献>景戒編『日本霊異記』

(鷺森浩幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

観規の関連キーワードメソ気象学航空機観測総観気象学メソ低気圧気象力学数値予報緑視率渦度条例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android