コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角々 かくかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角々 かくかく

?-1754 江戸時代中期の俳人。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。蕉門角上(かくじょう)にまなび,養子となった。宝暦4年7月29日死去。名は明観別号に明絮,二休亭。著作に「桃都集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

角々の関連キーワードオルソ角閃岩二等辺三角形アントラー山岡角兵衛シカ(鹿)ヘミスレン二等分線隅切り角最小偏角近点離角天頂距離辻自動車一般角角礫岩三面角円周角二直角二面角多面角臨界角

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角々の関連情報