コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高瀬川 たかせがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高瀬川
たかせがわ

長野県北西部を流れる川。犀川支流。全長 56km。槍ヶ岳の北方に発し,飛騨山脈前山の間を深い峡谷をなして北流する。東に向きを変え,大町市からは松本盆地南流して安曇野市で犀川に注ぐ。上流部に高瀬ダム七倉ダムなどがあり,1979年から発電を開始。上流,中流は渓谷美で知られ,葛温泉,湯俣温泉がある。土砂の運搬が多く,松本盆地では広い扇状地を形成している。

高瀬川
たかせがわ

京都市中京区樋之口で鴨川の水を分岐し,伏見区京橋で宇治川に注ぐ約 10kmの運河慶長 19 (1614) 年角倉了以開削。幅約 5.5m。江戸時代大坂-京都間の物資輸送に利用され,名称は高瀬舟を用いたことに由来する。運河の分岐点付近にある,当時の荷物積卸し場の一之船入史跡に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかせ‐がわ〔‐がは〕【高瀬川】

長野県北西部の川。槍ヶ岳に発して北流し、大町市街付近から南流して犀(さい)川に注ぐ。上流に高瀬・七倉ダムがある。
京都市にある運河。鴨川から分水し、伏見を経て淀川に通じる。慶長16年(1611)角倉(すみのくら)了以が開削し同19年完成。水深が浅く、高瀬舟を用いたところからいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高瀬川【たかせがわ】

京都市街を流れる小河川。中京区樋之口町で賀茂川から分かれ,伏見区南部で宇治川に合する。1614年角倉(すみのくら)了以が開掘した運河で,幅5.5mだが水深は深い。
→関連項目賀茂川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかせがわ【高瀬川】

長野県の北部を流れる犀(さい)川の支流。槍ヶ岳に源を発して北流し,三俣蓮華岳野口五郎岳など北アルプス奥山と大天井(おてんしよう)岳,燕(つばくろ)岳などの前山の間に深い峡谷をつくる。不動滝から流路東北東に変え,12kmほど流れて安曇野(あずみの)に出る。ここから南流して,明科(あかしな)町押野付近で犀川に合流する。延長約47km。渓谷のこう配が急であるためしばしば水害が発生し,1969年8月11日の水害では,上流の葛(くず)温泉がほぼ完全に流失してしまった。

たかせがわ【高瀬川】

近世初期,角倉(すみのくら)了以によって開削された運河で,京都市中と大坂,伏見との物資輸送に利用された。1611年(慶長16)起工,14年完成。川幅約7m,全長約10km。開削費用は7万5000両。川名は,輸送に高瀬舟が用いられたことによるといわれ,角倉川ともよばれた。 二条大橋西畔から鴨川の水をひき入れ,鴨川西岸に沿って中京区,下京区を南下,南区東九条でいったん鴨川に合流し,東山区福稲南西部から鴨川東岸を南流,伏見の市街地西部を流れて宇治川に流入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たかせがわ【高瀬川】

長野県北西部を流れる川。槍ヶ岳付近を水源とし、梓あずさ川と合して犀さい川となる。
京都市中南部にある運河。一七世紀初め角倉了以が鴨川ぞいに開いた鴨川の分水路。貨物運送の高瀬舟が上下したところから名づけられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕高瀬川(たかせがわ)


青森県東部を流れる川。1級河川(高瀬川水系)。延長64km。流域面積867km2。八甲田(はっこうだ)山の外輪山北東麓(ほくとうろく)に源を発し、東流して小川原(おがわら)湖を経由し高瀬川放水路を分流、北流して太平洋に注ぐ。上流部は七戸(しちのへ)川・和田(わだ)川とも。河口南岸の砂丘地帯に三沢(みさわ)基地に属する天ヶ森(あまがもり)射爆場がある。

〔長野県〕高瀬川(たかせがわ)


長野県北西部を流れる川。1級河川(信濃(しなの)川水系)。飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)中部の槍ヶ(やりが)岳北麓(ほくろ)に源を発し、北東流して大町(おおまち)市街地南方から南流し、松本(まつもと)盆地東部の安曇野(あづみの)市明科(あかしな)で犀(さい)川に合流する。上流に高瀬・七倉(ななくら)・大町の3つのダムがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高瀬川の言及

【賀茂川∥鴨川】より

…鴨河原はみそぎ祓(はらい)の神事や合戦場,処刑場として著名であるが,中世末から近世にかけては庶民の集まる広場となり,芝居・見世物小屋が並ぶ歓楽街が四条河原,五条河原に形成された。この河川は古代から木材,薪炭などの輸送に利用されていたが,平時は水量が少ないため慶長年間(1596‐1615)西岸の二条通り南の一之船入以南に高瀬川が掘削され,明治前期まで水運に利用された。河水は友禅染の水洗に最近まで利用されてきたため,高野川東岸の高野付近には染色工場が立地する。…

※「高瀬川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高瀬川の関連キーワードグリーンミュージアム神郷高瀬高瀬川(京都市)高瀬ダム調整湖アルプス銀座東由利〈町〉浪江[町]大町[市]明科[町]松川[村]葛[温泉]池田[町]葛尾[村]大町温泉郷磐城天王山明科〈町〉『高瀬舟』木屋町通り飛島文吉大天井岳金蘭黒部

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高瀬川の関連情報