コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高瀬川 たかせがわ

9件 の用語解説(高瀬川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高瀬川
たかせがわ

長野県北西部を流れる川。犀川の支流。全長 56km。槍ヶ岳の北方に発し,飛騨山脈と前山の間を深い峡谷をなして北流する。東に向きを変え,大町市からは松本盆地を南流して安曇野市で犀川に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

高瀬川
たかせがわ

京都市中京区樋之口で鴨川の水を分岐し,伏見区京橋で宇治川に注ぐ約 10kmの運河。慶長 19 (1614) 年角倉了以が開削。幅約 5.5m。江戸時代は大坂-京都間の物資輸送に利用され,名称は高瀬舟を用いたことに由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかせ‐がわ〔‐がは〕【高瀬川】

長野県北西部の川。槍ヶ岳に発して北流し、大町市街付近から南流して犀(さい)川に注ぐ。上流に高瀬・七倉ダムがある。
京都市にある運河。鴨川から分水し、伏見を経て淀川に通じる。慶長16年(1611)角倉(すみのくら)了以が開削し同19年完成。水深が浅く、高瀬舟を用いたところからいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高瀬川【たかせがわ】

京都市街を流れる小河川。中京区樋之口町賀茂川から分かれ,伏見区南部で宇治川に合する。1614年角倉(すみのくら)了以が開掘した運河で,幅5.5mだが水深は深い。
→関連項目賀茂川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たかせがわ【高瀬川】

長野県の北部を流れる犀(さい)川の支流。槍ヶ岳に源を発して北流し,三俣蓮華岳野口五郎岳など北アルプスの奥山と大天井(おてんしよう)岳,燕(つばくろ)岳などの前山の間に深い峡谷をつくる。不動滝から流路を東北東に変え,12kmほど流れて安曇野(あずみの)に出る。ここから南流して,明科(あかしな)町押野付近で犀川に合流する。延長約47km。渓谷のこう配が急であるためしばしば水害が発生し,1969年8月11日の水害では,上流の葛(くず)温泉がほぼ完全に流失してしまった。

たかせがわ【高瀬川】

近世初期,角倉(すみのくら)了以によって開削された運河で,京都市中と大坂,伏見との物資輸送に利用された。1611年(慶長16)起工,14年完成。川幅約7m,全長約10km。開削費用は7万5000両。川名は,輸送に高瀬舟が用いられたことによるといわれ,角倉川ともよばれた。 二条大橋西畔から鴨川の水をひき入れ,鴨川西岸に沿って中京区,下京区を南下,南区東九条でいったん鴨川に合流し,東山区福稲南西部から鴨川東岸を南流,伏見の市街地西部を流れて宇治川に流入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たかせがわ【高瀬川】

長野県北西部を流れる川。槍ヶ岳付近を水源とし、梓あずさ川と合して犀さい川となる。
京都市中南部にある運河。一七世紀初め角倉了以が鴨川ぞいに開いた鴨川の分水路。貨物運送の高瀬舟が上下したところから名づけられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕高瀬川(たかせがわ)


青森県東部を流れる川。1級河川(高瀬川水系)。延長64km。流域面積867km2。八甲田(はっこうだ)山の外輪山北東麓(ほくとうろく)に源を発し、東流して小川原(おがわら)湖を経由し高瀬川放水路を分流、北流して太平洋に注ぐ。上流部は七戸(しちのへ)川・和田(わだ)川とも。河口南岸の砂丘地帯に三沢(みさわ)基地に属する天ヶ森(あまがもり)射爆場がある。

〔長野県〕高瀬川(たかせがわ)


長野県北西部を流れる川。1級河川(信濃(しなの)川水系)。飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)中部の槍ヶ(やりが)岳北麓(ほくろ)に源を発し、北東流して大町(おおまち)市街地南方から南流し、松本(まつもと)盆地東部の安曇野(あづみの)市明科(あかしな)で犀(さい)川に合流する。上流に高瀬・七倉(ななくら)・大町の3つのダムがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高瀬川の言及

【賀茂川∥鴨川】より

…鴨河原はみそぎ祓(はらい)の神事や合戦場,処刑場として著名であるが,中世末から近世にかけては庶民の集まる広場となり,芝居・見世物小屋が並ぶ歓楽街が四条河原,五条河原に形成された。この河川は古代から木材,薪炭などの輸送に利用されていたが,平時は水量が少ないため慶長年間(1596‐1615)西岸の二条通り南の一之船入以南に高瀬川が掘削され,明治前期まで水運に利用された。河水は友禅染の水洗に最近まで利用されてきたため,高野川東岸の高野付近には染色工場が立地する。…

※「高瀬川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高瀬川の関連キーワード梓川板取川空知川マイン川菊酒小又峡渋海川沙河竹田川長野県埴科郡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高瀬川の関連情報