角助(読み)かくすけ

精選版 日本国語大辞典「角助」の解説

かく‐すけ【角助】

〘名〙
① 江戸時代、中間(ちゅうげん)や下男の通称角内(かくない)
※俳諧・鷹筑波(1638)二「見たもなきうそ吹かほはさん三郎 月のよ風呂にあかを角(カク)すけ〈吉勝〉」
※浮世草子・好色二代男(1684)一「御紋付の傘、角助がさし掛」
② (長方形銀貨であるところから) 二朱銀をいう、近世芝居社会の語。南鐐(なんりょう)一片。〔南水漫遊拾遺(1820頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android