コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角斑病(ベルベットグラス)

1件 の用語解説(角斑病(ベルベットグラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

角斑病(ベルベットグラス)

冷涼地で発生し、採種栽培で問題になる糸状菌病。葉、葉鞘、稈、枝梗に発生し、病斑内部は灰白色、周縁部は褐色の細い縁状となり、長さ1ー2mm程度の角 斑となる。病斑は葉脈で区切られ、境界のはっきりした明瞭なものとなる。病斑上に形成される柄子殻内の胞子が風雨で飛散してまん延する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角斑病(ベルベットグラス)の関連キーワード角斑病(オーチャードグラス)赤かび病(ライグラス)赤かび病(フェスク)がまの穂病(チモシー)角斑病(チモシー)赤かび病(パスパルム)がまの穂病(ブルーグラス)すす点病(アカクローバ)すす点病(シロクローバ)すす点病(アルサイククローバ)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone