コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角立つ カドダツ

デジタル大辞泉の解説

かど‐だ・つ【角立つ】

[動タ五(四)]
角ばっている。かどばる。「―・っている石」
事が円満を欠き、とげとげしいようすになる。かどがたつ。「そういう態度では話が―・つ」
人の目を引く。目立つ。
「妻(さい)にこれと云って―・った悪いことはありません」〈鴎外・蛇〉
[動タ下二]かどだてる」の文語形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かどだつ【角立つ】

( 動五[四] )
角がとがっている。角張る。 「倒三角形の目がいよいよ-・つてゐた/ヰタ・セクスアリス 鷗外
人の感情を刺激する。 「英吉は-・つた様子もなく/婦系図 鏡花
( 動下二 )

つのだつ【角立つ】

( 動五[四] )
穏やかでなくなる。かどだつ。 「丹治は眼に-・つて、不届な奴め、と云ひながら/塩原多助一代記 円朝

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

角立つの関連キーワードヰタセクスアリス塩原多助一代記婦系図怒る稜稜

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android