閼伽(読み)あか

日本大百科全書(ニッポニカ)「閼伽」の解説

閼伽
あか

サンスクリット語アルガarghaの音訳で、阿、遏伽とも書く。器、功徳(くどく)水、水と訳す。原語は「価値あるもの」ので、客人接待するにもっとも必要な水を意味し、転じて神に供える捧(ささ)げ物の意となり、それを盛る容器の総称となった。教では、仏菩薩(ぼさつ)に献ずる聖水をさし、とくに密教では仏や諸尊に捧げる六種供養(閼伽、塗香(ずこう)、華鬘(けまん)、焼香(しょうこう)、飲食(おんじき)、灯明(とうみょう))の一として、煩悩(ぼんのう)の垢(あか)を洗うものとされる。実際の修法には、特別の取水法によって得た浄水に妙華(みょうけ)を浮かべたものをいい、一般には仏前墓前などに供える神聖な水を閼伽水と重言する。この浄水をくむ井戸閼伽井、この水を入れるものを閼伽桶(おけ)、金属などでつくった修法用の水入れ容器を閼伽器と称し、密教修法の六器の一つに数えられる。また閼伽桶を置く棚を閼伽棚(だな)、閼伽を仏前に供える容器を閼伽杯(つき)、閼伽の浄水に浮かべ仏前に供えるシキミ閼伽の花ともいう。

[塩入良道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「閼伽」の解説

あか【閼伽】

〘名〙 (argha, arghya 「価値」の意で、敬意を表わす贈り物のこと。功徳水と訳す)
① 仏に供える清水、香水など。仏教では本尊、聖衆に供養する六種の物の一つに数える。
※十巻本和名抄(934頃)五「閼伽 内典云、閼伽〈略〉語也漢言欝勃烝煮雑香、以其汁養仏也」
※源氏(1001‐14頃)若紫「あか奉り花折りなどするも、あらはに見ゆ」
② 仏前に供える水を入れる器。あかの具。
※観智院本三宝絵(984)中「行基閼伽一具をそなへてそのむかへにいだしやる」
③ 酒をいう、僧侶仲間の隠語。はんにゃとう。〔最新百科社会語辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「閼伽」の解説

閼伽
あか

サンスクリット語 arghaまたは arghyaの音写。元来は客人の接待のときに捧げられる水。現在では仏前や墓前に供えられる水をさす。阿伽,遏伽とも書かれ,器水,功徳水 (くどくすい) とも訳される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「閼伽」の解説

あか【××伽】

《〈梵〉arghaの音写。価値の意。功徳水くどくすいと訳す》
仏に手向ける水。閼伽水あかみず閼伽の水
仏前に供える水を入れる器。閼伽坏あかつき。閼伽器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「閼伽」の解説

あか【閼伽】

サンスクリットarghaの音訳。功徳,功徳水または水と訳す。〈価値がある〉という意味のarghより転じて,神仏や貴人などに捧げる水を意味する。閼伽はもともと水を意味するが,中国においても日本でも閼伽水と呼ばれる場合が多い。仏会では加持した水や,霊地の水,あるいは香木を水に入れた香水(こうずい)を用いる場合が多い。閼伽の湧く井戸を閼伽井と呼び,東大寺二月堂下の閼伽井や園城寺金堂わきの井,秋篠寺の閼伽井など著名な井戸が現存する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android