コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角鹿 つぬが

百科事典マイペディアの解説

角鹿【つぬが】

越前(えちぜん)国の敦賀(つるが)の古名。《古事記》仲哀段に,〈角鹿〉の仮宮にいた太子(応神天皇)に気比(けひ)大神が奉ったイルカの血が臭かったために〈血浦(ちうら)〉といい,それが〈都奴賀〉になったとあり,《日本書紀》垂仁2年条の注に,垂仁天皇の時〈意富加羅国〉の王子〈都怒我阿羅斯等〉が〈笥飯(けひ)浦〉に来着したが,額に角があったので,この地を角鹿と称したとある。天平(729年―749年)の初期から角鹿・敦賀が混用され始め,やがて敦賀に統一された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の角鹿の言及

【越前国】より

…現在の福井県のうち南西部の旧若狭国を除いた北東部を占める。
【古代】
 北陸地方は古くは(こし)(高志)とよばれ,越前に当たる地域には角鹿(つぬが)国造,三国国造がいた。越は蝦夷経営の前進基地としての政治的役割をもち,589年に阿倍臣を北陸道に遣わし越等の諸国の境を視察させている。…

【敦賀[市]】より

…北陸自動車道敦賀インターチェンジがある。【島田 正彦】
[歴史]
 古代には角鹿(つぬが)と呼ばれた。《日本書紀》に崇神天皇の時〈額(ぬか)に角おひたる人,一の船に乗りて,越の国の笥飯浦(けいのうら)に泊れり。…

※「角鹿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

角鹿の関連キーワードエルクアイランド国立公園客神(きゃくじん)日子刺肩別命福井(県)敦賀(市)稲垣 達郎敦賀[市]平群真鳥横去らふ石垣東山百伝ふ越前国島計富

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角鹿の関連情報