解悟(読み)カイゴ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ご【解悟】

[名](スル)悟ること。気がつくこと。「書をひもとき解悟する」

げ‐ご【解悟】

仏語。迷いから解き放たれて、真実の道理を悟ること。悟りを開くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいご【解悟】

( 名 ) スル
さとること。気がつくこと。 「更に主権に属する者に非ざるの理を-し/民約論

げご【解悟】

〘仏〙
真理を悟ること。悟りを開くこと。
知によって悟りを開いて、のちに座禅などの修行にはげむこと。 → 証悟

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐ご【解悟】

〘名〙 悟ること。がつくこと。
※公議所日誌‐一五上・明治二年(1869)五月「解悟せざる者は、罪を鳴らし刑すべし」 〔北史‐和士開伝〕

げ‐ご【解悟】

〘名〙 真実の道理をさとること。また、迷いから解きはなたれて、真理をさとること。
※法華義疏(7C前)四「衆生神根各異、解悟不同」
※雑談集(1305)八「見性悟道の言とは、広く含(がん)ずべし、頓悟・觧悟(ケゴ)・証悟など云へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android