コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解離度 カイリド

大辞林 第三版の解説

かいりど【解離度】

解離した分子の数と、解離する前に存在した全分子数との比。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の解離度の言及

【解離】より

…電離定数が大きいほど電離の程度は大きく,たとえば酸の電離定数が大きいほど酸として強い。解離平衡において,解離した割合を解離度といい,電離平衡の場合にはとくに電離度という。解離度は直接測定によって求められ,これから解離定数が求められる。…

【電離】より

…多くの電解質が水によく溶けてイオンに解離するのは,水和によるイオンの安定化のためである。電解質MXの溶液において,加えたMXの量から求めたMXの全濃度をc,溶液中で解離しているイオンM(またはX)の濃度をc′とするとき,MX全体に対するイオンの割合を示す量,すなわちα=c′/cをMXの電離度(または解離度)という。【玉虫 伶太】。…

※「解離度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

解離度の関連キーワードオストヴァルトの希釈律ファントホッフ係数クエン酸ナトリウムヴィーン効果大幸 勇吉アレニウス希釈の法則酸素運搬能クエン酸沸点上昇リン酸電解質