コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言の葉 コトノハ

デジタル大辞泉の解説

こと‐の‐は【言の葉】

ことば。言語。
「まことかと聞きて見つれば―を飾れる玉の枝にぞありける」〈竹取
歌。和歌。
「やまとうたは、人の心をたねとして、よろづの―とぞなれりける」〈古今仮名序

こと‐の‐へ【言の葉】

ことのは」の上代東国方言。言葉。人のうわさ。
「うつせみの八十(やそ)―は繁くとも争ひかねて我(あ)を言(こと)なすな」〈・三四五六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ことのは【言の葉】

ことば。 「例のいづこよりとうで給ふ-にかあらむ/源氏 帚木
和歌。 「やまとうたは人の心を種としてよろづの-とぞなれりける/古今 仮名序

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

言の葉の関連キーワード徳島県立文学書道館古今和歌集仮名序ペーター デンプ西山 徳茂一黒田土佐子髪を生やす西山徳茂都徒し・空し嘆き余る佐川藤太松阪春栄日野富子至り深し塙保己一唐土の歌掛かり所深堀景介学び立つ徒し契り思ひ顔

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言の葉の関連情報