コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

じ【辞】

ことば。「歓迎の
漢文の一体。楚辞の系統をひく様式で、押韻して、朗誦に適した文。陶淵明の「帰去来辞」など。
単語を文法上の性質から二つに分類したものの一。詞(し)に対する。単独では文節を構成しえず、常に詞(自立語)に伴って文節を構成する語。助動詞助詞がこれに属する。時枝誠記(ときえだもとき)の学説では、助動詞・助詞のほか、接続詞感動詞などもこれに含まれる。

じ【辞〔辭〕】[漢字項目]

[音](呉) [訓]やめる ことば
学習漢字]4年
ことば。文章。「辞書辞令訓辞言辞謝辞修辞助辞措辞題辞遁辞美辞名辞
やめる。ことわる。「辞職辞退辞任辞表固辞
別れを告げる。「辞去辞世
漢文の文体の一。「辞賦
[名のり]こと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じ【辞】

ことば。文章。 「告別の-」
漢文の文体の一。賦に似ており、抒情性の豊かな韻文的要素の強いもの。 →
国文法で、単語を文法上の性質から二大別したものの一。
橋本進吉の説では付属語(助詞・助動詞)をいう。
時枝誠記の説では、概念過程を経ることなく、事柄に対する言語主体の立場を直接に表現する語をいう。助詞・助動詞のほか、感動詞・接続詞・陳述副詞をも含む。
[句項目] 辞を低くする

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【品詞】より

…この3分類は,十分に文法機能のうえから考察した結果ではなかろうが,17世紀初めのJ.ロドリゲスの《日本小文典》は,日本人が全品詞を〈名,ことば,てには〉の3語に包括していると述べている。〈てには〉は助辞,〈ことば〉は動詞(現在の用言。形容詞,形容動詞を含む),〈名〉はその他のいっさいである。…

※「辞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辞の関連キーワード連辞・連合関係シュメール語言葉を卑くす魚腹に葬らる名辞論理学語学自在局を結ぶ辞さない美人香草時枝誠記循環定義楽府詩集漁父の辞辞せず縮小辞秋風辞詞と辞大概念中概念接中辞

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辞の関連情報