コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言問団子 コトトイダンゴ

デジタル大辞泉の解説

こととい‐だんご〔こととひ‐〕【言問団子】

向島言問橋付近で売っている名物団子江戸時代の終わりごろ創製された。小豆あん、白あんでくるんだもの、うぐいす色の求肥(ぎゅうひ)で味噌あんを包んだものの3種がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ことといだんご【言問団子】

東京都の言問橋辺りで売っている名物の団子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言問団子
ことといだんご

東京・向島(むこうじま)名物の三色団子。小豆餡(あずきあん)、白餡は団子の表面につけ、黄色い団子はみそ餡をくるんだもの。幕末のころ、下総(しもうさ)国須崎(すさき)村(東京都墨田(すみだ)区向島)の植木屋外山佐吉は、庭石を見にくる客に手作りの団子を勧め、墨東(ぼくとう)での評判を高めたことから団子屋に転業した。1869年(明治2)のことである。ところが、目と鼻の先には高名な長命寺の桜餅(さくらもち)があり、客足はそちらに流れていった。たまたま長命寺に住んでいた俳人花城と、茶人の中村知常が佐吉に肩入れし、東下(あずまくだ)りの在原業平(ありわらのなりひら)が隅田川で詠んだ「名にしおはばいざ言(こと)問はむ都鳥 わが思ふ人はありやなしやと」の一首にちなみ、言問団子と名づけることを勧めてから、しだいに繁盛して今日に至った。白みそ餡をくるんだ団子は求肥(ぎゅうひ)製で、向島の水戸屋敷の梅林の梅の実に想を得たという。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

言問団子の関連キーワード隅田川(東京都)東京都墨田区墨田(区)外山佐吉求肥史生

言問団子の関連情報