言寄せる(読み)コトヨセル

デジタル大辞泉「言寄せる」の解説

こと‐よ・せる【言寄せる/事寄せる】

[動サ下一][文]ことよ・す[サ下二]
ほかの事に託して事をなす。かこつける。口実にする。「仕事に―・せては遊びに出かける」
言葉で助力する。
天地あめつちの神―・せて春花の盛りもあらむと」〈・四一〇六〉
うわさを立てる。言い立てる。
「さ檜隈ひのくま檜隈川のを速み君が手取らば―・せむかも」〈・一一〇九〉
ことづける。伝言する。
「忍びあまり天の川瀬に―・せむせめては秋を忘れだにすな」〈新古今・恋二〉
[類語]強弁主張力説叫ぶ強調こじつけ我田引水牽強付会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android