言寄せる(読み)コトヨセル

デジタル大辞泉 「言寄せる」の意味・読み・例文・類語

こと‐よ・せる【言寄せる/事寄せる】

[動サ下一][文]ことよ・す[サ下二]
ほかの事に託して事をなす。かこつける。口実にする。「仕事に―・せては遊びに出かける」
言葉で助力する。
天地あめつちの神―・せて春花盛りもあらむと」〈・四一〇六〉
うわさを立てる。言い立てる。
「さ檜隈ひのくま檜隈川の瀬を速み君が手取らば―・せむかも」〈・一一〇九〉
ことづける。伝言する。
「忍びあまり天の川瀬に―・せむせめては秋を忘れだにすな」〈新古今・恋二〉
[類語]強弁主張力説叫ぶ強調こじつけ我田引水牽強付会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android