こじつけ

精選版 日本国語大辞典「こじつけ」の解説

こじ‐つけ

〘名〙
① むりに押しつけること。むりじいすること。押し売り。
浄瑠璃志賀敵討(1776)五「アイタタタタ。痛いはいの痛いはいの痛いはいの痛いはいの。ヤモ是が本のこぢつけじゃ」
② むりに理屈をつけて、関係のないことや、理屈に合わないことを結びつけること。また、そのことば。牽強付会
※人情本・英対暖語(1838)四「長吉船といふべきを、略してちょきと呼ならはし、今又猪牙と文字に書は、小船の形ちが猪のに、似てあるからこじつけなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android