こじつけ

精選版 日本国語大辞典 「こじつけ」の意味・読み・例文・類語

こじ‐つけ

〘名〙
① むりに押しつけること。むりじいすること。押し売り。
浄瑠璃志賀敵討(1776)五「アイタタタタ。痛いはいの痛いはいの痛いはいの痛いはいの。ヤモ是が本のこぢつけじゃ」
② むりに理屈をつけて、関係のないことや、理屈に合わないことを結びつけること。また、そのことば。牽強付会。
人情本・英対暖語(1838)四「長吉船といふべきを、略してちょきと呼ならはし、今又猪牙文字に書は、小船の形ちが猪の牙に、似てあるからこじつけなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「こじつけ」の意味・読み・例文・類語

こじ‐つけ

こじつけること。また、その言葉牽強付会けんきょうふかい。「彼の説明こじつけとしか思えない」
[類語]牽強付会理屈理屈理屈詭弁きべん空理空論講釈御託ごたく強弁主張力説叫ぶ強調我田引水事寄せる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android