コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新十津川町 しんとつかわ

2件 の用語解説(新十津川町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新十津川町
しんとつかわ

北海道中西部の町。 1957年町制。地名は 1889年の集団入植者の出身地,奈良県十津川村にちなむ。町域は,石狩川右岸低地から増毛山地にかけて広がり,米作中心の農業地域タマネギなども栽培される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新十津川町

北海道空知地方のほぼ中央に位置し、面積(495・62平方キロメートル)は十津川村の7割程度で、人口(約7300人)は同村の約1・7倍。東側は流域面積全国2位の1級河川、石狩川と接し、西側には標高1千メートル級の山が広がる。道内屈指の米どころ。町の昨年の最大積雪は159センチで、隣接する滝川市の2月の寒さは平均零下6度。十津川住民の移住から67年目の1957年に村から町に変わった。

(2010-10-29 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新十津川町の関連キーワード北海道空知郡南幌町稲穂北海道空知郡南幌町中央北海道空知郡上砂川町中央北一条北海道空知郡上砂川町中央北三条北海道空知郡上砂川町中央北二条北海道空知郡上砂川町中央東北海道空知郡上砂川町中央南二条北海道空知郡南幌町美園北海道空知郡南幌町南北海道空知郡南幌町元町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新十津川町の関連情報