コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新十津川町 しんとつかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新十津川〔町〕
しんとつかわ

北海道中西部の町。 1957年町制。地名は 1889年の集団入植者の出身地,奈良県十津川村にちなむ。町域は,石狩川右岸低地から増毛山地にかけて広がり,米作中心の農業地域。タマネギなども栽培される。国道 275号線,JR札沼線で石狩川橋により対岸の滝川市と結ばれ,国道 451号線が町域を横断する。面積 495.47km2。人口 6831(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新十津川町

北海道空知地方のほぼ中央に位置し、面積(495・62平方キロメートル)は十津川村の7割程度で、人口(約7300人)は同村の約1・7倍。東側は流域面積全国2位の1級河川、石狩川と接し、西側には標高1千メートル級の山が広がる。道内屈指の米どころ。町の昨年の最大積雪は159センチで、隣接する滝川市の2月の寒さは平均零下6度。十津川住民の移住から67年目の1957年に村から町に変わった。

(2010-10-29 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

新十津川町の関連キーワード北海道樺戸郡新十津川町トップ北海道樺戸郡新十津川町学園北海道樺戸郡新十津川町吉野北海道樺戸郡新十津川町花月北海道樺戸郡新十津川町弥生北海道樺戸郡新十津川町中央北海道樺戸郡新十津川町総進北海道樺戸郡新十津川町士寸北海道樺戸郡新十津川町幌加北海道樺戸郡新十津川町美沢北海道樺戸郡新十津川町大和紀伊半島大水害と十津川村新十津川町開拓記念館明治22年の大水害そっち岳スキー場新十津川町の要覧空知総合振興局新十津川(町)明治の大水害おのらのさけ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新十津川町の関連情報