コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訓令式ローマ字綴り方 クンレイシキローマジツヅリカタ

デジタル大辞泉の解説

くんれいしき‐ローマじつづりかた【訓令式ローマ字×綴り方】

日本語をローマ字でつづる方式の一種。標準式日本式とを折衷したもの。昭和12年(1937)内閣訓令として示達。昭和29年(1954)廃止され、内閣告示によって訓令式新表が定められた。第一表と第二表とがあり、前者は訓令式つづり方による本則を表し、後者は標準式・日本式つづり方による許容を表す。→ローマ字綴(つづ)り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android