コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訓令式ローマ字綴り方 クンレイシキローマジツヅリカタ

1件 の用語解説(訓令式ローマ字綴り方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くんれいしき‐ローマじつづりかた【訓令式ローマ字×綴り方】

日本語をローマ字でつづる方式の一種。標準式日本式とを折衷したもの。昭和12年(1937)内閣訓令として示達。昭和29年(1954)廃止され、内閣告示によって訓令式新表が定められた。第一表と第二表とがあり、前者は訓令式つづり方による本則を表し、後者は標準式・日本式つづり方による許容を表す。→ローマ字綴(つづ)り

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訓令式ローマ字綴り方の関連キーワードローマ字入力ウェード綴り綴るローマ字綴りローマナイズ日本式ローマ字綴り方標準式ローマ字綴り方ヘボン式ローマ字綴り方南部義籌