コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記号学習 きごうがくしゅうsign learning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記号学習
きごうがくしゅう
sign learning

心理学者 E.C.トールマンの用語。トールマンによれば,学習とは刺激に対する一連の反応のパターンを習得することではなくて,ある刺激対象 (記号) に対するある一定の反応が,一定の結果を招来するという認知地図の獲得であるという。この意味では,古典的条件づけにおけるベルの音は報酬 (餌) の記号であり,道具的条件づけでは正の刺激が報酬の記号である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android