記号接地問題(読み)キゴウセッチモンダイ

デジタル大辞泉の解説

きごうせっち‐もんだい〔キガウセツチ‐〕【記号接地問題】

人工知能において、実世界にある事物名称と、コンピューター内部で扱う記号との結びつけに伴う問題。シンボルグラウンディング問題
[補説]人間は、「リンゴ」という文字列と実物のリンゴとの結びつき、さらに、切ってに盛りつけたリンゴや、リンゴの菓子、リンゴジュースなどとの関係も理解できる。しかし、コンピューター内部の記号処理では、「リンゴ」と「apple」という文字列は容易に結びつけられるが、実物のリンゴと結びつけることは困難である。つまり、コンピューター内部で扱う記号に本質的な意味を与えることができるのか、記号と事物をどのように結びつけるのかという問題といえる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例