コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田左右吉 つだそうきち

8件 の用語解説(津田左右吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津田左右吉
つだそうきち

[生]1873.10.3. 岐阜
[没]1961.12.4. 東京
歴史学者,思想史家。 1891年東京専門学校を卒業。 1918年から早稲田大学講師,のち教授。厳密な古典批判によって実証的な日本,中国の古代史,思想史研究を開拓し,多方面にわたる巨大な業績がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つだ‐そうきち〔‐サウキチ〕【津田左右吉】

[1873~1961]歴史学者。岐阜の生まれ。文献批判に基づき、記紀の神話が客観的史実でないことを論証し、日本古代史の科学的研究を開拓した。のち、この上代研究が右翼思想家から告発され、昭和15年(1940)代表著作4点が発禁、ついで出版法違反で起訴され、早大教授を辞職した。著「神代史の研究」「古事記日本書紀の研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

津田左右吉【つだそうきち】

歴史学者。岐阜県生れ。1891年東京専門学校(のちの早大)卒。のち満鉄調査部に入り白鳥庫吉の下で満州(中国東北)・朝鮮の地理・歴史を研究。1919年早大教授。記紀の文献学的考証を行い,その説話が天皇支配を正当化する意図でつくられたものであることを論証。
→関連項目岩波茂雄日本書紀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田左右吉 つだ-そうきち

1873-1961 明治-昭和時代の歴史学者。
明治6年10月3日生まれ。白鳥庫吉(くらきち)に師事。大正7年早大教授。記・紀,中国古典などの史料批判にもとづく実証的研究をおこなう。昭和15年著書が発禁となり,出版法違反にとわれた(19年免訴)。24年文化勲章。昭和36年12月4日死去。88歳。岐阜県出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は親文(ちかふみ)。著作に「文学に現はれたる我が国民思想の研究」「神代史の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

津田左右吉

没年:昭和36.12.4(1961)
生年:明治6.10.3(1873)
大正昭和期の歴史学者。岐阜県出身。明治24(1891)年東京専門学校(早大の前身)卒。中学教員を勤めつつ白鳥庫吉の指導を受ける。41年白鳥の開設した満鮮歴史地理調査室研究員となり,『朝鮮歴史地理』を編纂。以後日本古代史と中国思想史を中心に多くの研究を発表した。大正7(1918)年早大教授となる。『文学に現はれたる我が国民思想の研究』(1916~21)は独創的な通史として読みつがれている。『神代史の研究』(1924)などにおいて,記紀の皇統譜は『帝紀』を基礎とし,8世紀初頭の天皇制を正当化するための創作とし,天孫降臨などの史実性を否定した。昭和15(1940)年古代史研究の著書が攻撃され,早大を辞任。4著作が発禁となり,出版法違反で出版者岩波茂雄と共に起訴された。第1審で神武~仲哀の皇統の史実性否定が皇室の尊厳を冒涜するとして17年有罪判決(禁固3カ月)を受け,検察,被告とも控訴,しかし時効にかかっていることが判明し19年免訴となる。中国思想研究においても,原典批判を基礎として,『論語』が戦国末期までの多数の者の手を経て編纂されたことを示し,また日本は基本的に儒教を受容しなかったと指摘した。戦後も旺盛な著作活動を続け,24年文化勲章,36年朝日文化賞を受賞。感傷を徹底的に突き放すその学風,戦前は右翼の攻撃,戦後は天皇制を擁護して左翼の攻撃を受けつつ泰然としていた独立の精神には,日本人離れしたところがある。全著作は『津田左右吉全集』全33巻に収められている。

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つだそうきち【津田左右吉】

1873‐1961(明治6‐昭和36)
大正・昭和期の歴史家。岐阜県出身。東京専門学校(現,早稲田大学)卒業後,白鳥庫吉に師事し,中学教員,満鮮地理歴史調査室研究員などを経て早大教授となる。明治維新研究を生涯の課題とし,合理的思考方法に基づく日本,中国の思想史研究で,日本文化の特質を究明した独創的体系を築く。とくに《文学に現はれたる我が国民思想の研究》(全4巻,1916‐21)は,〈生活〉本位の視点で〈国民思想〉の史的展開を論じた雄編であり,《支那思想と日本》(1938)では〈東洋文化〉の有機的一体性を否定し注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つだそうきち【津田左右吉】

1873~1961) 歴史学者。岐阜県生まれ。早大教授。文献批判的・実証的歴史研究を進めた。1939年(昭和14)右翼によって「神代史の新しい研究」以下の研究が攻撃されて、翌年四著書が発禁処分となった。著「文学に現はれたる我が国民思想の研究」「古事記及日本書紀の研究」「日本上代史研究」「左伝の思想史的研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津田左右吉
つだそうきち
(1873―1961)

明治・大正・昭和期の歴史学者、思想史家、文学博士。本名親文(ちかふみ)。明治6年10月3日、岐阜県加茂(かも)郡下米田(しもよねだ)村(現、美濃加茂(みのかも)市)東栃井(ひがしとちい)で、尾張藩(おわりはん)家老竹腰家の旧家臣津田藤馬(とうま)の長男に生まれる。名古屋の私立中学を中退し、1891年(明治24)東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)邦語政治科を卒業。沢柳政太郎(さわやなぎまさたろう)の庇護(ひご)を受け、白鳥庫吉(しらとりくらきち)に紹介され、白鳥の西洋史教科書に協力するとともに、千葉、独協(どっきょう)などの中学教員を歴任。1908年(明治41)に白鳥が開設した満鉄の満鮮歴史地理調査室研究員となった。ここにおいて満蒙(まんもう)・朝鮮の歴史地理的研究を行い、1913年(大正2)に『朝鮮歴史地理』上下を刊行、調査室での文献批判的実証研究の経験と討論は、学問的研究の出発点となった。また20世紀に入ったころから、諸雑誌に試論を発表するなど関心を深めていた国民思想の研究は、『文学に現はれたる我が国民思想の研究』4冊(1916~1921)となって結実し、日本歴史の大勢を背景として、単に文芸作品のみでなく、広く美術・芸能をも含めて国民の思想・文化・生活の展開を通して、国民思想が中国思想など外来の思想の影響を受けつつ、独自のものを展開してきたことを跡づけた。思想史研究の一面としての『古事記』『日本書紀』の文献批判と、歴史的事実追究の研究は、1913年の『神代史の新しい研究』を皮切りに、『古事記及び日本書紀の新研究』(1919)で方法的確立をみた。関東大震災後、この2著は『神代史の研究』『古事記及日本書紀の研究』(ともに1924)として補訂再刊され、さらに徹底した文献批判に立脚して古代史の再編成に進み、『日本上代史研究』(1930)、『上代日本の社会及び思想』(1933)をまとめて、古代史研究の基礎を築いた。
 他方、中国思想の史的研究をも精力的に進め、『道家(どうか)の思想と其(そ)の開展』(1927)、『左伝の思想史的研究』(1935)、『論語と孔子の思想』(1947)などを生み、晩年には『シナ仏教の研究』(1957)を著した。このような学究生活にあって、1940年(昭和15)右翼思想家の攻撃を受け、記紀研究の主要4著作が発禁となり、岩波茂雄とともに出版法違反で起訴され、1917年より出講していた早稲田大学を辞職した(1942年第一審有罪判決、1944年免訴)。戦後この4著作を補訂再編して刊行し、さらに時事評論や歴史観などの論文を多数発表したが、なかでも1946年(昭和21)4月号の『世界』に載せた「建国の事情と万世一系の思想」は、敗戦直後の天皇制論議のなかで注目された。
 文献批判から出発し、冷徹な立場で問題の全面的な検討を行い、真実を追究しようとする津田の学問的研究態度は、ともすれば感情的鑑賞にとどまる態度の多いなかでは独創的なものがある。太平洋戦争直前に『支那(しな)思想と日本』(1938)で、インド・中国・日本などの文化はそれぞれ独立していて、一個の東洋文化というものは成立していないと提言したことは、一つの卓見として評価できる。しかし、社会科学への理解と認識の不十分さは、ついにその理論と体系と方法に限界となっている。[松島榮一]
『『津田左右吉全集』28巻・別巻5(1963~1966・岩波書店)、補巻2(1989・岩波書店) ▽上田正昭編『人と思想・津田左右吉』(1974・三一書房) ▽『明治文学全集78 明治史論集』(1976・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の津田左右吉の言及

【王朝交替論】より

…日本古代の天皇の系譜は,明治以後強調されたような万世一系ではなく,何回か政治勢力に交替があったとする説。かつて津田左右吉が,《古事記》《日本書紀》には,仲哀天皇と応神天皇の間で一つの段落があり,仲哀以前は天皇の系譜が父子相承となっていたり,天皇の称号だけで諱(いみな)を欠いているなど,実在性に乏しく,6世紀の帝紀(ていき)に記されていたのは,応神より後の天皇であろうとしたことにはじまる。その後,林屋友次郎によって,〈応神新王朝論〉が説かれ,応神以前の天皇は存在しないとされ,水野祐は,仲哀以前を〈古王朝〉,応神以後を〈中王朝〉とし,邪馬台国と戦った狗奴国が東遷して,この〈中王朝〉を形成したと考え,いわば江上波夫が,大和の王朝を騎馬民族の征服によって生まれたとした騎馬民族説をさらに進め,〈ネオ騎馬民族説〉とでもいうべきものを主張した。…

【記紀批判】より

…明治期の紀年論においては,応神朝が紀年を比定する際の定点とされ,神功皇后の〈征韓〉物語は4世紀後半のことと位置づけられた。大正期の津田左右吉の記紀批判は,その〈征韓〉物語から遡及して〈神武東征〉までの物語に逐一,批判的検討を加え,仲哀以前の物語は神代の物語と同様,皇室が日本を統治する由来を整然と説いた政治的述作と結論づけた。また津田は《古事記》はその序文にいう帝紀(系譜)と旧辞(物語)に二分できるとし,物語があるのは顕宗記までとみて,〈其の時から程遠からぬ後,即ち継体・欽明朝ごろに一と通りはまとめられてゐた〉ものと記紀の成立を見通した。…

【津田事件】より

…1940年(昭和15)2月10日,歴史学者津田左右吉の日本神話および上代史に関する4著書,〈《神代史の研究》〉(1924年2月),〈《古事記及日本書紀の研究》〉(1924年9月),〈《日本上代史研究》〉(1930年4月),〈《上代日本の社会及び思想》〉(1932年9月)が発禁処分となり,3月8日津田と発行者岩波茂雄が出版法第26条(皇室ノ尊厳冒瀆)の疑いで起訴され,42年5月21日有罪判決を受けた事件。事件の発端は,蓑田胸喜を中心として,権力中枢と結びついて国粋主義の宣伝をしていた原理日本社とその機関誌〈《原理日本》〉が津田に加えた攻撃であった。…

【日本神話】より

…この分野は吉田敦彦,大林太良らによってさらに推進されている。 一方,文献史学の立場から厳密な史料批判を行って記紀神話の政治性と虚構性を暴いたのが津田左右吉であり,その成果は《日本古典の研究》(1948,1950)としてまとめられた。津田の研究は神話を歴史的事実であるかのごとくに主張する天皇制イデオロギーや,《古事記》を神典として聖化する神道主義に対する有力な批判であった。…

【日本文学】より

…さらに大正期には国文学外の領域から,日本文学へのさまざまな学問的接近が行われた。史学者津田左右吉の《文学に現はれたる我が国民思想の研究》4冊(1916‐21)は,社会的・歴史的観点による日本文学の総体的把握として画期をなし,その《古事記及び日本書紀の新研究》(1919)は厳密な本文批判にたって,記紀研究を旧来の神学的解釈から解放するものとなった。また英文学者土居光知の《文学序説》(1922),哲学者和辻哲郎の《日本精神史研究》正続(1926,1935)にみられる幅広い視野からの照明,哲学者阿部次郎の《徳川時代の芸術と社会》(1931)での西鶴,近松への斬新な理解等々は,いずれも日本文学に世界の風を吹きこむ役割を果たした。…

※「津田左右吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津田左右吉の関連キーワードベルンハイム坪井九馬三比嘉春潮板沢武雄大野太平小野寿人沢田吾一時野谷常三郎西村真次吉岡勲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津田左右吉の関連情報