コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許世友 きょせいゆうXu Shi-you

2件 の用語解説(許世友の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

許世友
きょせいゆう
Xu Shi-you

[生]光緒32(1906).湖北,黄安
[没]1985.10.22. 南京
中国の政治家,軍人。農民の出身で,軍閥の兵士から紅軍に入り,長征に参加。抗日戦争中は主として山東省で戦い,戦後の 1954年南京軍区司令となり,55年上将となった。 56年中国共産党八全大会で中央委員候補に選出され,59年国防部副部長となり,文化大革命後の 69年4月党九全大会で中央委員,中央政治局委員に選ばれ,73年8月の十全大会で再選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

許世友
きょせいゆう / シュイシイユー
(1906―1985)

中国の軍人。湖北(こほく/フーペイ)省の農家出身。軍閥の兵士から紅軍に加わり、第四方面軍総司令であった徐向前(じょこうぜん/シュイシヤンチエン)のもとで師団長となり、長征に参加、延安(えんあん/イエンアン)の抗日軍政大学に学ぶ。人民共和国成立後は、山東軍区司令、全国人民代表、国防委員会委員、国防次官などの任につき、1960年、南京(ナンキン)軍区司令。以後長く上海(シャンハイ)を含む南京軍区を一手に掌握した。林彪(りんぴょう/リンピァオ)事件以後、1974年、南京から、林彪の影響の強かった広州軍区司令に転出した。1982年の中国共産党第12回大会で、小平(とうしょうへい/トンシヤオピン)主任のもとで中央顧問委員会副主任となった。[安藤彦太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

許世友の関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone