コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証書真否確認の訴え しょうしょしんぴかくにんのうったえ

2件 の用語解説(証書真否確認の訴えの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうしょしんぴかくにんのうったえ【証書真否確認の訴え】

書面が,作成者と主張されている者の意思に基づいて作成されたかどうかを確定する訴えをいう(民事訴訟法134条)。たとえば,Bから貸金の返還を迫られているAは,そのような金を借りた覚えはなく,Bが所持しているAB間の消費貸借契約書はAの意思によって作成されたものではないと主張して,AB間に紛争が生じているとしよう。このような場合に,Bが貸金返還の訴えを提起したり,Aが債務不存在確認の訴えを提起することは,もちろんできるし,むしろそれが普通であるが,Aが消費貸借契約書がみずからの意思で作成されたものでないこと(Bが訴えるときはその逆)の確認を求めることもできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

証書真否確認の訴え
しょうしょしんぴかくにんのうったえ

書面真否確認の訴え」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

証書真否確認の訴えの関連キーワード中止犯勢力書面契約特別多数決任意再保険買付証明書売買契約書林業就業者安楽死と尊厳死(契約の)解除

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone