コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証書真否確認の訴え しょうしょしんぴかくにんのうったえ

世界大百科事典 第2版の解説

しょうしょしんぴかくにんのうったえ【証書真否確認の訴え】

書面が,作成者と主張されている者の意思に基づいて作成されたかどうかを確定する訴えをいう(民事訴訟法134条)。たとえば,Bから貸金の返還を迫られているAは,そのような金を借りた覚えはなく,Bが所持しているAB間の消費貸借契約書はAの意思によって作成されたものではないと主張して,AB間に紛争が生じているとしよう。このような場合に,Bが貸金返還の訴えを提起したり,Aが債務不存在確認の訴えを提起することは,もちろんできるし,むしろそれが普通であるが,Aが消費貸借契約書がみずからの意思で作成されたものでないこと(Bが訴えるときはその逆)の確認を求めることもできる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

証書真否確認の訴え
しょうしょしんぴかくにんのうったえ

書面真否確認の訴え」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android