コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰(め)開き ツメヒラキ

デジタル大辞泉の解説

つめ‐ひらき【詰(め)開き】

かけひき。談判。
「―の演説(せりふ)」〈魯文安愚楽鍋
貴人の前から退出する際、左か右へからだを回して立つこと。〈貞丈雑記〉
出所進退。
「息を継ぎて、礼義のべ、諸事の―見るさへ武士の本意といさめば」〈浮・武家義理・二〉
能楽で、拍子を短くつめたり、長くのばしたりすること。
「拍子の―は…其の間其の間定まれるがごとし」〈申楽談儀
帆船が逆風航走するとき、船首を可能な限り風上に近づけた針路(風向に対して35~45度の角度)で帆走する状態。一杯開き。クローズホールド。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

詰(め)開きの関連キーワード貞丈雑記せりふ能楽貴人談判拍子礼義諸事

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android