針路(読み)シンロ

デジタル大辞泉の解説

《羅針盤で進行方向を知るところから》船舶・航空機などの進む方向。コース。「南に針路をとる」「針路を外れる」
目ざす方向。進路。「党の針路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 船、または飛行機の進むべき航路。また、その方角。磁針によって進行方向を決めるところからいう。
※南海紀聞(1793)「再び西風強く吹ければ、又卯の針路にて漂ひ行く」
※別天地(1903)〈国木田独歩〉下「針路(シンロ)を海洋島の方向に取って」
② (比喩的に) 進むべき方向。進路。むき。
※志賀直哉論(1953)〈中村光夫〉内村鑑三「文学を通じての反抗が彼の生涯の針路を決定して行ったについては」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

針路の関連情報