誅鋤(読み)チュウジョ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐じょ【××鋤】

[名](スル)
鋤(すき)で掘りおこして雑草を根絶やしにすること。
悪人などを殺して絶滅すること。
「梗命(こうめい)の者のみ―せらるる御旨意ならば」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうじょ【誅鋤】

( 名 ) スル
すきで耕し、草木を根元から取って絶やすこと。
悪人を根絶やしにすること。 「梗命の者のみ-せらるる御旨意なれば/近世紀聞 延房

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐じょ【誅鋤】

〘名〙 (「誅」はほろぼす・きりはらう、「鋤」はすきの意)
① 草木などを根元からすき取って絶やすこと。刈りつくすこと。〔楚辞‐卜居〕
② 悪人などを殺して絶滅させること。殺しつくすこと。
※日本外史(1827)七「義満悪之。常陰計鋤之」 〔子華子‐孔子贈〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android