コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導路 ユウドウロ

4件 の用語解説(誘導路の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆうどう‐ろ〔イウダウ‐〕【誘導路】

飛行場で、滑走路と駐機場との間の、飛行機を誘導するための道路。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

誘導路

滑走路と駐機場(エプロン)を結ぶ航空機の通路。航空機が地上を進んだり待機したりする際、交通渋滞を起こさないために設置する。滑走路と平行に設けられた誘導路は平行誘導路と呼び、大空港ではそこに離陸待ちの航空機が並ぶ。発着便数の少ない地方空港では平行誘導路がないケースもあり、茨城空港も民間機用は造っていない。その場合、滑走路でUターンして離陸する。

(2010-02-13 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆうどうろ【誘導路】

飛行場で、滑走路と駐機場を結ぶ通路のこと。タクシー-ウエー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誘導路
ゆうどうろ
taxy way

飛行場の滑走路と平行に設けた航空機地上走行(タクシング)専用の通路。離着陸回数の多い飛行場で滑走路を有効に使用するために、駐機場(スポット)と滑走路の離陸開始点まで、および着陸後滑走路から駐機場への航空機の移動に使用される。滑走路とは決められた標識によって区別されており、離着陸に用いられないので滑走路よりやや幅が狭く、着陸接地時の衝撃を受けないため路面の強度も小さくしてあるが、滑走路の規模に応じて幅や強度が決められている。交通量の少ない飛行場では建設費の関係から設けられない場合もある。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の誘導路の言及

【空港】より

…また,大型空港では各大手航空会社がそれぞれ自営の機内食工場をもっているところが多い。
[運航施設]
 空港における航空機の運航のための施設としては滑走路,誘導路,駐機場,管制所がある。 滑走路runwayは,小空港では土地を展圧しただけで舗装のないものもあるが,ふつうはコンクリートの基礎部分に表面をアスファルトで覆った構造のものが多く,大型機用のものは数百tの衝撃荷重に耐える強度をもつ。…

※「誘導路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

誘導路の関連キーワードエプロンステージ滑走路航空気象サロンエプロンアプローチライトエプロンドレス航空機燃料航空灯火タクシーウエー青森空港

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

誘導路の関連情報