コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誦する ジュスル

デジタル大辞泉の解説

じゅ・する【×誦する】

[動サ変][文]じゅ・す[サ変]詩歌・経文などを節(ふし)をつけて唱える。誦(しょう)する。ずする。「を―・する」

しょう・する【×誦する】

[動サ変][文]しょう・す[サ変]詩や経文などを声を出して読む。唱える。「藤村の詩を―・する」

ず・する【×誦する】

[動サ変][文]ず・す[サ変]《「ず」は「じゅ」の直音表記》経や詩歌などを口ずさむ。誦(しょう)する。誦(じゅ)する。「僧が経を―・する」
「親王、歌をかへすがへす―・し給うて」〈伊勢・八二〉
[補説]「ずうず」「ずんず」の「う」「ん」の無表記とみて、古い例は「ずず」と読むことがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅする【誦する】

( 動サ変 ) [文] サ変 じゆ・す
(経・詩歌などを)声をだしてうたうように読む。となえる。口ずさむ。 「経文を-・する」

しょうする【誦する】

( 動サ変 ) [文] サ変 しよう・す
詩文・経文などを暗記して、声を出してよむ。暗誦する。 「『如何いかになりけむ影もなく』と中音に-・する/片恋 四迷

ずする【誦する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ず・す
〔「誦」の呉音ジュの直音表記〕
(経・詩歌などを)声を出し、節をつけて読む。 「経を-・する声」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

誦するの関連キーワードシュプレヒコールレシテーション朝題目に夕念仏エバンゲリスト塔寺八幡宮長帳御衣木加持馬郎婦観音慈心(2)懺法・懴法スラマタン盲僧琵琶光明真言例時作法随意念誦雷鳴の陣金光明経陀羅尼助諳んずる十二神将お晨朝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android