コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唱える/称える トナエル

デジタル大辞泉の解説

とな・える〔となへる〕【唱える/称える】

[動ア下一][文]とな・ふ[ハ下二]
声に出して言う。声を立てて読む。「お題目を―・える」「呪文を―・える」
大声で言う。さけぶ。「万歳を―・える」
人に先んじて言いだす。首唱する。主張する。「新学説を―・える」「異議を―・える」
(称える)名づけていう。呼ぶ。称する。「みずから救世主と―・える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

となえる【唱える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 とな・ふ
特定の文句や経文などを声に出して言う。古くは呪的な力をこめて言ったり読んだりすることをいう。 「万歳を-・える」 「念仏を-・える」 「時に陰神めかみ先づ-・へて曰はく/日本書紀 神代上訓
人に先立って主張する。提唱する。 「絶対反対を-・える」 「異を-・える」
[表記] となえる(唱・称
「唱える」は“節をつけて読む。はっきり主張する”の意。「万歳を唱える」「念仏を唱える」「絶対反対を唱える」「異を唱える」  「称える」は“名づけて呼ぶ。称する”の意。「平成の業平なりひらと称える」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

唱える/称えるの関連キーワードプロージット南無阿弥陀仏痺れ京へ上れ南無帰命頂礼称名・唱名異を唱える百万遍念仏最期の十念西方を誦す一切経会重農学派融通念仏一念称名引声念仏念念称名御用学者心念口称怨敵退散念仏三昧専修念仏

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android