コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唱える/称える トナエル

2件 の用語解説(唱える/称えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とな・える〔となへる〕【唱える/称える】

[動ア下一][文]とな・ふ[ハ下二]
声に出して言う。声を立てて読む。「お題目を―・える」「呪文を―・える」
大声で言う。さけぶ。「万歳を―・える」
人に先んじて言いだす。首唱する。主張する。「新学説を―・える」「異議を―・える」
(称える)名づけていう。呼ぶ。称する。「みずから救世主と―・える」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

となえる【唱える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 とな・ふ
特定の文句や経文などを声に出して言う。古くは呪的な力をこめて言ったり読んだりすることをいう。 「万歳を-・える」 「念仏を-・える」 「時に陰神めかみ先づ-・へて曰はく/日本書紀 神代上訓
人に先立って主張する。提唱する。 「絶対反対を-・える」 「異を-・える」
[表記] となえる(唱・称
「唱える」は“節をつけて読む。はっきり主張する”の意。「万歳を唱える」「念仏を唱える」「絶対反対を唱える」「異を唱える」  「称える」は“名づけて呼ぶ。称する”の意。「平成の業平なりひらと称える」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone