コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誦ず ズウズ

デジタル大辞泉の解説

ずう・ず【×誦ず】

[動サ変]《「ずす」の音変化》声を出して読む。ずんず。
「わびしのことや、いかであれがやうに―・ぜむ」〈・一六一〉

ずん・ず【×誦ず】

[動サ変]誦(ず)する」に同じ。
「忍びてうち―・ずることぞある」〈かげろふ・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずうず【誦ず】

( 動サ変 )
〔「ずす」の転〕
ずする(誦) 」に同じ。 「こと人に似ず-・じ給ひし/枕草子 161

ずんず【誦ず】

( 動サ変 )
ずする(誦) 」に同じ。 「いとおもしろう-・じたまひて/浜松中納言 4」 〔「ず」は「誦」の呉音「じゅ」の直音表記で、「ずす」が撥音化した語。「ずうず」とも〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

誦ずの関連キーワードガーター(詩句)般若心経/漢訳文字音仮名遣い直音表記緩らか枕草子法師密教呻くうず

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android