誦ず(読み)ズウズ

デジタル大辞泉の解説

ずう・ず【×誦ず】

[動サ変]《「ずす」の音変化》声を出して読む。ずんず。
「わびしのことや、いかであれがやうに―・ぜむ」〈・一六一〉

ずん・ず【×誦ず】

[動サ変]誦(ず)する」に同じ。
「忍びてうち―・ずることぞある」〈かげろふ・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずうず【誦ず】

( 動サ変 )
〔「ずす」の転〕
ずする(誦)」に同じ。 「こと人に似ず-・じ給ひし/枕草子 161

ずんず【誦ず】

( 動サ変 )
ずする(誦)」に同じ。 「いとおもしろう-・じたまひて/浜松中納言 4」 〔「ず」は「誦」の呉音「じゅ」の直音表記で、「ずす」が撥音化した語。「ずうず」とも〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android