説示(読み)セツジ

デジタル大辞泉「説示」の解説

せつ‐じ【説示】

[名](スル)
わかりやすく説き示すこと。
前文にもぼ―せし如く」〈田口日本開化小史
人権侵犯事件が発生した場合に、法務省の人権擁護機関が行う救済手続きの一。人権侵害を行った者に対して事を説き示すこと。
陪審裁判で、陪審による審理が始まる前に、裁判官陪審員に対して法律事項の説明を行うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「説示」の解説

せつ‐じ【説示】

〘名〙
① わかりやすく説き示すこと。また、その文。
※英政如何(1868)六「言上書の事も今説示したる通りに済むなり」
② 陪審手続で、陪審の評議の始まる前に、裁判長が陪審員に与える説明。

とき‐しめ・す【説示】

〘他サ五(四)〙 相手に分かるように説明して教える。
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)三「其概略を説(ト)き示(シメ)し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android