誰何(読み)すいか

精選版 日本国語大辞典 「誰何」の意味・読み・例文・類語

すい‐か【誰何】

〘名〙
① だれであるか姓名の不明なこと。何人(なにびと)。たれ。〔荘子‐応帝王〕
② (━する) 声をかけて名を問いただすこと。人を呼びとがめること。
菅家文草(900頃)三・正月二十日有感「寒気遍身夜涙多、春風為我不誰何
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉中「廊下で行き合った兄は『何所へ行く』と番兵のやうな口調で誰何(スヰカ)した」 〔賈誼‐過秦論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「誰何」の意味・読み・例文・類語

すい‐か【誰何】

[名](スル)相手何者かわからないときに、呼びとめて問いただすこと。「守衛誰何される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「誰何」の読み・字形・画数・意味

【誰何】すいか

なに者。また、名を問いただす。漢・賈誼〔過秦論、上〕良將勁弩、の處を守り、信臣卒、利兵を陳ねて誰何す。天下已に定まる。始皇の心に、自ら以爲(おも)へらく、關中の固めは、金千里。子孫王、世の業なりと。

字通「誰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android