誰何(読み)すいか

精選版 日本国語大辞典「誰何」の解説

すい‐か【誰何】

〘名〙
① だれであるか姓名の不明なこと。(なにびと)。たれ。〔荘子‐応帝王〕
② (━する) 声をかけて名を問いただすこと。人を呼びとがめること。
※菅家文草(900頃)三・正月二十日有感「寒気遍身夜涙多、春風為我不
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉中「廊下で行き合った兄は『何所へ行く』と番兵のやうな口調で誰何(スヰカ)した」 〔賈誼‐過秦論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誰何」の解説

すい‐か【誰何】

[名](スル)相手が何者かわからないときに、呼びとめて問いただすこと。「守衛誰何される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「誰何」の解説

【誰何】すいか

なに者。また、名を問いただす。・賈誼〔過秦論、上〕良將勁弩、の處を守り、信臣卒、利兵を陳ねて誰何す。天下已に定まる。始皇の心に、自ら以爲(おも)へらく、關中の固めは、金千里。子孫王、の業なりと。

字通「誰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android