誰何(読み)スイカ

デジタル大辞泉の解説

すい‐か【誰何】

[名](スル)相手が何者かわからないときに、呼びとめて問いただすこと。「守衛に誰何される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいか【誰何】

( 名 ) スル
声をかけて、だれかと名を問いただすこと。呼びとがめること。 「門を入ったところで-された」 「 -せる門衛に、我は小坪の某なり/金時計 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐か【誰何】

〘名〙
① だれであるか姓名の不明なこと。(なにびと)。たれ。〔荘子‐応帝王〕
② (━する) 声をかけて名を問いただすこと。人を呼びとがめること。
※菅家文草(900頃)三・正月二十日有感「寒気遍身夜涙多、春風為我不誰何
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉中「廊下で行き合った兄は『何所へ行く』と番兵のやうな口調で(スヰカ)した」 〔賈誼‐過秦論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誰何の関連情報