コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイ

デジタル大辞泉の解説

すい【誰】[漢字項目]

常用漢字] [音]スイ(漢) [訓]だれ たれ た
人の名を尋ねる語。だれ。「誰何(すいか)
[難読]彼誰時(かわたれどき)誰某(たれがし)誰某(だれそれ)

た【誰】

[代]不定称の人代名詞。だれ。たれ。→誰(た)が
「―にかも依らむ神の宮人」〈・下・歌謡〉

たれ【誰】

[代]不定称の人代名詞。近世からしだいに「だれ」が一般的となり、現代では文語脈の中に残る。
「これにて見苦しとは―も得言わじ」〈鴎外舞姫
「嬢子(をとめ)ども―をし枕(ま)かむ」〈・中・歌謡〉

だれ【誰】

[代]《古くは「たれ」》不定称の人代名詞
名を知らない人、または、その人とはっきりわからない人をさす。「あの人はだ」「に渡せばよいのか」
(「だれか」の形で)自分以外の不特定の人をさす。「か来たようだ」「か欲しい人にあげよう」
(「だれも」の形で、打消しの語を伴って)全面的な否定を表す。「もいない」→たれ(誰)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

た【誰】

( 代 )
不定称の人代名詞。だれ。 「こは-そ、と問へば/枕草子 161」 〔格助詞「が」を伴って、「たが」の形で用いることが多い。→たが(連語)

たれ【誰】

( 代 )
不定称の人代名詞。だれ。 「 -か故郷を思わざる」 「大和の高佐士野を七行く媛女おとめども-をし枕かむ/古事記

だれ【誰】

( 代 )
〔古くは「たれ」。「だれ」は近世以降の語〕
不定称の人代名詞。名を知らない人や不定の人をさしていう語。 「君は-か」 「 -がこんなことをしたのだろう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

誰の関連キーワードユニバーサル・ファッションエクスプリシット・ナレッジページ・インプレッション世乱れて忠臣を識るパブリックスペースファイル共有ソフトエブリボディーおあいにくさま世は回り持ちバリアフリー世間は張り物オープン懸賞疫学的リンク「述懐」魏徴犬も食わない彼は誰そ時面が割れる魂を飛ばすエブリワン彼は誰時

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誰の関連情報