課試・科試(読み)かし

精選版 日本国語大辞典「課試・科試」の解説

か‐し クヮ‥【課試・科試】

〘名〙
令制での官吏の登庸試験。大学、国学の出身者および国司の推薦する者について行なうもの。
延喜式(927)二〇「凡得業生者。補了更学七年已上。不前年。待本道博士挙。録課試之状省。国貢学生准此」 〔元稹‐酬楽天東南行詩一百韻〕
② 課題を出して試験すること。ある仕事をやらせてみること。また、寺院における得度者等を対象とする資格試験。
看聞御記‐応永三〇年(1423)四月一七日「園一人弾琵琶、三台急 五常楽急 太平楽急(器卯花)林歌 鶏徳(虎比巴)弾之、器為課試両面之」 〔韓非子‐亡徴

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android