林歌(読み)リンガ

世界大百科事典 第2版「林歌」の解説

りんが【林歌】

雅楽の舞楽管絃曲名臨河,林賀とも書かれた。舞楽は高麗(こま)楽で,高麗平調(こまひようぢよう)。四人舞で文(ぶん)ノ舞(平舞)。高麗平調はこの曲のみ。装束は,《林歌》用の別装束で,黄色地に金糸・銀糸・黄糸でネズミをししゅうした短い袍を着用し,〈鼠甲(ねずみかぶと)〉と呼ばれる《林歌》専用の甲をかぶって舞う。番舞(つがいまい)は《甘州(かんしゆう)》。嵯峨天皇(在位809‐823)の時代に高麗の笛師下春(げしゆん)が作ったという説や,玉手公頼(たまてきみより)の作という説がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android