コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林歌/臨河 リンガ

デジタル大辞泉の解説

りんが【林歌/臨河】

雅楽。高麗楽(こまがく)。高麗平調(こまひょうじょう)の小曲。舞は四人舞。高麗平調の唯一の曲。
雅楽。唐楽。平調で新楽の小曲。の移調曲で、舞はない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りんが【林歌】

雅楽の舞楽・管絃の曲名。臨河,林賀とも書かれた。舞楽は高麗(こま)楽で,高麗平調(こまひようぢよう)。四人舞で文(ぶん)ノ舞(平舞)。高麗平調はこの曲のみ。装束は,《林歌》用の別装束で,黄色地に金糸・銀糸・黄糸でネズミをししゅうした短い袍を着用し,〈鼠甲(ねずみかぶと)〉と呼ばれる《林歌》専用の甲をかぶって舞う。番舞(つがいまい)は《甘州(かんしゆう)》。嵯峨天皇(在位809‐823)の時代に高麗の笛師下春(げしゆん)が作ったという説や,玉手公頼(たまてきみより)の作という説がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

林歌/臨河の関連キーワード私立恵比寿中学小橋勝之助佐々木春夫寺山吾鬘久松祐之寺山吾髪久貝正典仲田顕忠植村正道管野スガ楽章歌詞胡飲酒林国雄蘇莫者新楽小曲雅楽渡物乱声唐楽

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android