コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

談洲楼燕枝(1世) だんしゅうろうえんし[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

談洲楼燕枝(1世)
だんしゅうろうえんし[いっせい]

[生]天保9(1838).10.16. 江戸
[没]1900.2.11. 東京
落語家。本名長島伝次郎。江戸小石川の酒屋の生れ。1世春風亭柳枝門下。通称「二葉町の師匠」。9世市川団十郎を崇敬して,1885年柳亭を談洲楼に改姓。人情噺,芝居噺をよくし,三遊亭円朝と並び称された。武士や侠客の描写にすぐれ,渋い品のある芸風で知られた。また仮名垣魯文に師事し痴文を名のり,『島千鳥沖津白浪』『西海屋騒動』『御所車花五郎』などの創作がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

談洲楼燕枝(1世)の関連キーワード人情噺二葉町芝居噺改姓

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android