論理的シンタクス(読み)ろんりてきシンタクス(英語表記)logische Syntax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

論理的シンタクス
ろんりてきシンタクス
logische Syntax

ドイツの哲学者 R.カルナップが『言語の論理的シンタクス』 (1934) で用いた語で,記号の対象を抽象し,ただ記号間の体系内での関係を論じる今日のシンタクス (→統辞論 ) にあたる。この本のなかで,彼はシュリックプロトコル命題に反対し,言明の意味や意義に関する言明は「偽-対象」の型であって,構文論的な形に組替えられなければならないと主張。総合命題は仮説であるとして,組替えにおける変換の学としてのシンタクスが記号論をおおうという立場を示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android