コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論語徴 ろんごちょう

1件 の用語解説(論語徴の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろんごちょう【論語徴】

荻生徂徠(1666‐1728)の著した《論語》の注釈書。10巻。〈古言に徴した〉ことから書名が出ており,徂徠の古文辞学の方法に従った特色のある解釈が示される。朱熹(子)や伊藤仁斎に反対して《論語》を時にふれての発言集で著作ではないと見,それを絶対視する立場を離れて客観的な言語解釈の立場をとりつつ自らの思想を説いた。時に奇矯に過ぎる解釈もあるが,多くの注の中でも優れたものとして,中国でも引用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

論語徴の関連キーワード荻生鳳鳴天門物徂徠荻生維則荻生玄甫荻生北渓辻湖南物茂卿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone