コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論語徴 ろんごちょう

世界大百科事典 第2版の解説

ろんごちょう【論語徴】

荻生徂徠(1666‐1728)の著した《論語》の注釈書。10巻。〈古言に徴した〉ことから書名が出ており,徂徠の古文辞学の方法に従った特色のある解釈が示される。朱熹(子)や伊藤仁斎に反対して《論語》を時にふれての発言集で著作ではないと見,それを絶対視する立場を離れて客観的な言語解釈の立場をとりつつ自らの思想を説いた。時に奇矯に過ぎる解釈もあるが,多くの注の中でも優れたものとして,中国でも引用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

論語徴の関連キーワード宇佐美灊水中井竹山西岡天津波多守節萩野鳩谷中根鳳河菅沼東郭

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android