コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸国畸人伝 しょこくきじんでん

世界大百科事典 第2版の解説

しょこくきじんでん【諸国畸人伝】

石川淳の評伝集。1955‐57年,《別冊文芸春秋》に連載。57年刊。小林如泥,都々一坊扇歌(どどいつぼうせんか),鈴木牧之(ぼくし),阪口五峰などすべて10人の小評伝を収め,江戸時代から幕末にかけてのかならずしも知名度は高くないが,特異な才能をもって一家をなした人物を自在に叙し,かつ論じていて,筆者の対象への親愛が,よく〈畸人〉性を掘り起こしている。【野口 武彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

諸国畸人伝の関連キーワード都々逸坊 扇歌(7代目)都々逸坊扇歌(初代)石川 淳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android