コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂口仁一郎 さかぐち にいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂口仁一郎 さかぐち-にいちろう

1859-1923 明治-大正時代の政治家,漢詩人。
安政6年1月3日生まれ。坂口安吾の父。家は代々越後(えちご)(新潟県)蒲原(かんばら)郡の富農。大野恥堂にまなぶ。県会議員をへて,明治35年衆議院議員(当選8回,憲政会)。この間24年新潟新聞社長となり,終生つとめた。編著「北越詩話」で知られる。大正12年11月2日死去。65歳。字(あざな)は思道。号は五峰。名は「じんいちろう」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂口仁一郎の関連キーワード坂口五峰

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android