コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂口仁一郎 さかぐち にいちろう

1件 の用語解説(坂口仁一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂口仁一郎 さかぐち-にいちろう

1859-1923 明治-大正時代の政治家,漢詩人。
安政6年1月3日生まれ。坂口安吾の父。家は代々越後(えちご)(新潟県)蒲原(かんばら)郡の富農。大野恥堂にまなぶ。県会議員をへて,明治35年衆議院議員(当選8回,憲政会)。この間24年新潟新聞社長となり,終生つとめた。編著「北越詩話」で知られる。大正12年11月2日死去。65歳。字(あざな)は思道。号は五峰。名は「じんいちろう」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂口仁一郎の関連キーワード光の科学史チェコ文学農民文学奥健蔵キネマ旬報日活(株)シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone