諸星大二郎(読み)モロボシダイジロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸星大二郎 もろぼし-だいじろう

1949- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和24年7月6日生まれ。昭和45年「COM」掲載の「ジュン子・恐喝」でデビューし,49年「少年ジャンプ」掲載の「生物都市」で手塚賞。「孔子暗黒伝」,「西遊妖猿伝」(平成12年手塚治虫(おさむ)文化賞)など,異色の怪奇・SF作品で注目される。20年「栞と紙魚子(しみこ)」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞。長野県出身。江北高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸星大二郎の関連情報