諸説紛紛(読み)ショセツフンプン

デジタル大辞泉の解説

しょせつ‐ふんぷん【諸説紛紛】

[ト・タル][文][形動タリ]いろいろな説やうわさが入り乱れて、真相が明らかでないさま。「諸説紛紛として原因がつかめない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょせつふんぷん【諸説紛紛】

( トタル ) [文] 形動タリ 
いろいろな憶測が乱れ飛んで、容易に真相がわからないさま。 「 -としていずれが真実か明らかでない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょせつ‐ふんぷん【諸説紛紛】

〘形動タリ〙 いろいろの説がいり乱れているさま。
※中外新聞‐慶応四年(1868)二月二八日「右人殺しの一件、諸説紛々たりと雖も」
※河童(1927)〈芥川龍之介〉一五「我等の生命に関しては諸説紛々(ショセツフンプン)として信ずべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android