紛紛(読み)フンプン

デジタル大辞泉の解説

ふん‐ぷん【紛紛】

[ト・タル][文][形動タリ]入り乱れてまとまりのないさま。「紛紛たる落花」「諸説紛紛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんぷん【紛紛】

( トタル ) [文] 形動タリ 
入りまじって乱れるさま。 「諸説-」 「 -として雪をなす/ふらんす物語 荷風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふん‐ぷん【紛紛】

〘形動タリ〙
① 物事が入り交じって乱れるさま。
※凌雲集(814)渉信濃坂〈坂上今継〉「郷関何処在、客思転々」
※曾我物語(南北朝頃)一「ふんぷんたる雪をふみわけ」
② 意見や説などが多くとびかうさま。
※史記抄(1477)八「異説が紛々として不定ぞ」 〔史記‐韓長孺伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android