講組(読み)こうぐみ

精選版 日本国語大辞典「講組」の解説

こう‐ぐみ【講組】

〘名〙 経済的、信仰的または親睦その他の目的で、集落全戸または任意の人たちが結成する地域集団。頼母子(たのもし)無尽などの経済伊勢講、富士講などの代参講、念仏講、三夜講、庚申講など信仰的なものなどがある。
※大原重徳意見書‐明治四年(1871)九月(岩倉具視関係文書八)「破邪掛り官員を定め、諜者并に講等の事を指麾す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の講組の言及

【無常】より

…日本ではこの教えから,人生は無常であるという無常観ができ,《平家物語》冒頭の〈祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響あり〉は人口に膾炙(かいしや)している。これはインドの祇園精舎に重病人を収容する無常院があって,人の死にあたって鐘が打たれたことをあらわし,日本ではすべて人の死を無常事といい,葬送の相互扶助を目的に結ばれた講社を無常講,略して講組という。その発祥は平安時代中期の二十五三昧講にあり,祇園精舎無常院にならって往生院を建て,ここで病者を往生させ,死後の葬式と供養を行った。…

※「講組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android