コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛永諸家系図伝 かんえいしょかけいずでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寛永諸家系図伝
かんえいしょかけいずでん

江戸時代の最初の大名,旗本諸家の系譜集成。 186巻。江戸幕府が寛永 18 (1641) 年から3年かかって編纂したもので,奉行は若年寄太田資宗,編纂主任は林羅山。和漢両編があり,漢文は日光東照宮に,和文は国立公文書館にある。諸家から提出させた系図を,源氏,平氏藤原氏,諸氏に分けて編纂してあり,提出資料に精粗の差があるが,それだけに当時の状態をありのまま伝えている。 (→寛政重修諸家譜 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんえいしょかけいずでん〔クワンエイシヨカケイヅデン〕【寛永諸家系図伝】

江戸幕府が編纂(へんさん)した最初の大名旗本の系図集。186巻。若年寄太田資宗が奉行となり、林羅山林鵝峰らが編纂に従事。寛永20年(1643)完成。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんえいしょけけいずでん【寛永諸家系図伝】

寛永年間(1624‐44)に江戸幕府が編修した系譜集。仮名本真名本各186冊。清和源氏・藤原氏・平氏・諸氏の4類,および医者・同朋・茶道に分け収録。1641年2月7日に太田資宗が諸家の系図を編修し差し上ぐべき旨の上意をうけ,同人が総裁,林羅山・鵞峰が編集責任者となり事業を推進,43年9月17日に両本都合372巻が献上された。献上の仮名本(続群書類従完成会より活字本刊行中)は内閣文庫に,真名本(重要文化財)は日光東照宮に所蔵されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんえいしょかけいずでん【寛永諸家系図伝】

系図集。一八六巻。幕府の事業として、若年寄太田資宗を奉行に林羅山・林鵞峰らを編纂者に任じて1643年完成。大名・旗本その他の諸家の系図を氏族により大別して編集。漢文体・和文体の2種がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛永諸家系図伝
かんえいしょかけいずでん

江戸幕府が寛永年間(1624~44)に編集した大名、旗本の系図集。1641年(寛永18)に着手し43年に完成した。林羅山(はやしらざん)を中心に数十名の学者や僧侶(そうりょ)が編集に従事した。諸家から提出させた家譜を資料として編集を進め、仮名本、真名(まな)本各186冊を完成した。日本最初の武家系図の集大成であり、また江戸幕府の大規模な編集事業の最初の成果である。その献上本は国立公文書館と日光東照宮に保存されている。[福井 保]
『『寛永諸家系図伝』全17巻(1979~97・続群書類従完成会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

寛永諸家系図伝の関連キーワード那波活所譜牒余録土井利勝最岳元良漢文体酒井氏辻端亭系譜学浅野氏堀杏庵林鵞峰家譜氏族

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android