コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀田正敦 ほった まさあつ

美術人名辞典の解説

堀田正敦

江戸中期・後期の大名。摂津守。陸前仙台藩主伊達宗村の八男。本姓は紀、幼名は藤八郎、その後村由・武良由・正敦。字は臨卿、号は水月。天保3年(1832)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀田正敦 ほった-まさあつ

1755-1832 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦5年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩主伊達宗村(むねむら)の8男。堀田正富の養子となり,天明7年近江(おうみ)(滋賀県)堅田(かただ)藩主堀田家6代。寛政2年若年寄。文政9年下野(しもつけ)(栃木県)佐野藩主堀田家第2次初代。「寛政重修諸家譜編修の総裁をつとめ,鳥類図鑑「観文禽譜」も編集した。天保(てんぽう)3年6月16日死去。78歳。通称は藤八郎。号は水月。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堀田正敦

没年:天保3.6.16(1832.7.13)
生年:宝暦8(1758)
江戸後期の若年寄,近江堅田,下野佐野藩主。博物学者。摂津守。仙台藩主伊達宗村の8男として仙台で生まれる。天明6(1786)年堅田藩主堀田正富の養子,翌年家督相続,1万石。寛政1(1789)年大番頭,翌2年若年寄,勝手掛となり寛政改革の財政を担当。文化3(1806)年に1万3000石,翌年にはロシア船来航により蝦夷地に赴き,文政9(1826)年下野佐野に転封。12年に1万6000石。天保3(1832)年に75歳で致仕するまで43年間若年寄の職にあった。この間『寛政重修諸家譜』編纂を総括するなど幕府の系譜編纂事業に寄与。また屋代弘賢,林述斎,大槻玄沢,谷文晁 ら学者,文人と交際,彼らの学問,芸術の庇護者となる。自らも博物学者として近世最大の鳥類図鑑『観文禽譜』を編纂した。<著作>『水月文章』『水月詠藻』『幕朝年中行事歌合』『蝦夷紀行』<参考文献>福井久蔵『諸大名の学術と文芸の研究』

(根岸茂夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀田正敦
ほったまさあつ

[生]宝暦5(1755).仙台
[没]天保3(1832).6.16.
江戸時代後期の下野佐野藩主。仙台藩主伊達宗村の8男。近江堅田藩主正富の養嗣子となり,老中松平定信知遇を得て寛政2 (1790) 年若年寄となる。在職 43年の間定信と協力して寛政の改革を遂行,また文化4 (1807) 年にはロシア船の蝦夷地来航の際みずから現地におもむいた。文政9 (26) 年下野佐野1万 6000石に転封。儒学,国学,和歌,茶道に通じ,『源氏物語』を講じたことは有名。寛政9 (1797) 年『寛政重修諸家譜』を編纂。ほかに『干城録』『陸奥紀行』などを著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の堀田正敦の言及

【寛政重修諸家譜】より

…1812年(文化9)完成。《寛永諸家系図伝》の続集を編修する意図のもとに着手されたが,途中より改訂編修に切り替えられ,1799年に官制を整え,総裁堀田正敦以下を任命し編修を開始,14年を費やして完成した。国主・領主をはじめ御目見(おめみえ)以上の士について1798年までの事跡を記す。…

【譜牒余録】より

…1799年(寛政11)成立。当時若年寄で《寛政重修諸家譜》の編集総裁であった堀田正敦の撰。諸家の書上をかなり忠実に転写したものとみられ,体裁・表記等は不統一であるが,幕府官撰の系譜としては《寛永諸家系図伝》《寛政重修諸家譜》に次ぐ貴重な史料である。…

【堀田氏】より

…江戸時代の譜代大名(図)。もと尾張の出身で,1602年(慶長7)正吉のとき,それまで仕えていた小早川氏が断絶して牢人となったが,05年徳川家康から番士に取り立てられた。正吉の長子正盛は3代将軍家光に小姓として仕え,のち若年寄・老中を歴任し,42年(寛永19)下総佐倉藩万石の領主となった。しかし51年(慶安4)正盛は家光に殉死し,跡を継いだ正信は60年(万治3)領地返上の上書を提出して無断で佐倉に帰城したため,所領を没収された。…

※「堀田正敦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堀田正敦の関連キーワード田村宗顕(2)堅田陣屋遠山景晋堀田正衡譜牒余録毛利元世岩崎灌園養嗣子断家譜井伊氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android