譬喩法・比喩法(読み)ひゆほう

  • ひゆほう ‥ハフ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 修辞法の一つ。事物を説明するのに、それと類似、結合または対比するものを借り用いる法。直喩(明喩)・隠喩(暗喩)・諷喩などの技法を総称する。転義とも。
※亡国の音(1894)〈与謝野鉄幹〉「小楠公〈略〉作者は歌の譬喩法を知らざる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android