譬喩法・比喩法(読み)ひゆほう

精選版 日本国語大辞典「譬喩法・比喩法」の解説

ひゆ‐ほう ‥ハフ【譬喩法・比喩法】

〘名〙 修辞法の一つ。事物を説明するのに、それと類似結合または対比するものを借り用いる法。直喩(明喩)・隠喩(暗喩)・諷喩などの技法を総称する。転義とも。
亡国の音(1894)〈与謝野鉄幹〉「小楠公〉作者は歌の譬喩法を知らざる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android