コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷木因 たに ぼくいん

4件 の用語解説(谷木因の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

谷木因

江戸前・中期の俳人。美濃大垣生。通称は九太夫、別号に木端・白桜下・観水軒等。代々船問屋を業とした。初め北村季吟門で松永貞徳の俳諧を学び、後談林に化したが、更に蕉門に帰して松尾芭蕉と親しくする。大垣蕉風の発展に寄与した。著書は『桜下文集』『おきなぐさ』等。享保10年(1725)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

谷木因

(1646~1725)美濃国(岐阜県)・大垣の富裕な船問屋主人。名前の読みは「もくいん」「ぼくいん」の2説がある。俳諧は北村季吟に師事し、松尾芭蕉とは同門だった。大垣俳壇の立役者でもある。芭蕉は「奥の細道」紀行を大垣で締めくくるなど、大垣を数回訪れている。

(2010-04-14 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷木因 たに-ぼくいん

1646-1725 江戸時代前期-中期の俳人。
正保(しょうほ)3年生まれ。家は美濃(みの)(岐阜県)大垣の船問屋。北村季吟(きぎん)の門から談林風にうつり,松尾芭蕉(ばしょう)の感化をうけて後年蕉門にはいった。享保(きょうほう)10年9月30日死去。80歳。通称は九太夫。別号に白桜下,観水軒。著作に「桜下文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

谷木因

没年:享保10.9.30(1725.11.4)
生年:正保3(1646)
江戸前期の俳人。美濃国(岐阜県)大垣の人。船問屋を業とする富裕な商人であった。俳諧は北村季吟の門人であるが松尾芭蕉とは早くから親交を結び,現存の芭蕉の書簡の中では,延宝9(1681)年の木因宛のものが最も古く,ふたりが心を許し合った友人関係にあったことは当時の書簡からうかがえる。貞享1(1684)年には旅中の芭蕉を自宅に迎え,桑名まで芭蕉に同道した。ただし,芭蕉が交わろうとしなかった井原西鶴やその弟子北条団水とも交わり,菅野谷高政,大淀三千風を迎えるなど,交際の範囲は蕉門に限らなかった。<著作>森川昭編『谷木因全集』

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷木因の関連キーワード浅見左逸阿形但秀尼坂好道半井和年井田澹泊上田治一各務東羽近藤如行宮崎荊口宮崎此筋

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone