コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷繁元信 たにしげもとのぶ

2件 の用語解説(谷繁元信の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

谷繁元信

中日ドラゴンズのプロ野球選手(捕手)。1970年12月21日、広島県比婆郡東城町(現・庄原市)生まれ。高校通算で42本の本塁打を放つなど強打の捕手として名を広め、88年、横浜大洋ホエールズに入団。96年より重用されるようになり、同年、初の打率三割を達成。98年、自身初のベストナインゴールデングラブ賞を受賞。2001年、中日ドラゴンズへ移籍。06年7月26日、捕手としては史上4人目の通算2000試合出場を達成。10年7月28日、捕手としては野村克也以来の2500試合出場を達成した。重なる故障に苦しみつつも、12年7月26日、通算3000塁打を達成。13年5月6日、史上44人目、捕手としては3人目の通算2000安打を達成した。

(2013-5-8)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷繁元信 たにしげ-もとのぶ

1970- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手。
昭和45年12月21日生まれ。捕手。右投げ右打ち。昭和63年ドラフト1位で横浜大洋ホエールズ(のちの横浜ベイスターズ,横浜DeNAベイスターズ)に入団。平成元年の広島東洋カープ戦で初打席初安打。強肩をほこり,8年には正捕手の座をかちとり,打率3割を記録。10年ベストナイン,ゴールデングラブ賞を獲得してベイスターズの日本一に貢献。13年中日ドラゴンズに移籍。ゴールデングラブ賞6回。25年2000本安打を達成。同年監督兼任が決まる。27年7月野村克也のもつ通算出場試合数3017試合をぬいてプロ野球歴代1位を達成。同年現役引退。広島県出身。江の川高(現・石見智翠館高)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

谷繁元信の関連キーワード中日ドラゴンズドラゴンズナゴヤドームシャオロン名古屋軍名古屋ドラゴンズパオロン立浪和義吉見一起

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷繁元信の関連情報