コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆打 ずんだ

3件 の用語解説(豆打の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ずんだ【豆打】

枝豆を茹でてすりつぶしたもの。和え衣ごろもなどに用いる。東北地方での呼び名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ずんだ【豆打】

ゆでた枝豆をすりつぶして調味したもの。和え物などに用いるほか、砂糖を加えて煮たものを餅(もち)やおはぎに用いる。東北地方のものだが一般に普及している。◇「づんだ」とも書く。「ずんだん」「じんだ」などともいう。また、砂糖を加えたものは「ずんだあん」ともいう。和え物は「ずんだ和え」、餅にからめたものは「ずんだ餅」という。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ずんだ【豆打】


ゆでた枝豆をすりつぶして調味したもの。和え物などに用いるほか、砂糖を加えて煮たものを餅(もち)やおはぎに用いる。東北地方のものだが一般に普及している。◇「づんだ」とも書く。「ずんだん」「じんだ」などともいう。また、砂糖を加えたものは「ずんだあん」ともいう。和え物は「ずんだ和え」、餅にからめたものは「ずんだ餅」という。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豆打の関連キーワード青饅胡麻酢糝薯擂り餌マッシュレバーペースト豆汁糂粏豆打餡呉汁/豆汁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豆打の関連情報