コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆蔦 マメヅタ

デジタル大辞泉の解説

まめ‐づた【豆×蔦】

ウラボシ科の常緑多年生のシダ山地の岩上や樹上に着生し、細い根茎がツタのようにはい、卵円形の厚い栄養葉をつける。胞子葉はへら形。まめごけ。いわまめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まめづた【豆蔦】

ウラボシ科の常緑性シダ植物。岩上や樹幹に着生。茎は長く伸び、暗褐色の鱗片りんぺんがつく。葉は小さい卵円形。胞子葉はへら形で、線形の胞子囊のう群が下面中脈の両側につく。マメゴケ。イワマメ。カガミグサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

豆蔦 (マメズタ)

学名:Lemmaphyllum microphyllum
植物。ウラボシ科の常緑多年草,園芸植物

豆蔦 (マメズタ)

植物。犬枇杷の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

豆蔦の関連キーワードカガミグサ暗褐色樹幹

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android